記事の詳細

【店舗名称】 :東京チカラめし 大阪日本橋店
【店舗住所】 :大阪府大阪市浪速区日本橋3-5-29 1F
【店舗業種】 :牛丼 焼き牛丼 カレー 定食 焼肉定食 朝定食、など
【利用客層】 :男女(一人・複数)
【利用予算】 :~500円
【店舗席数】 :カウンター、テーブル席あり
【営業時間】 :6:00〜27:00 年中無休

地図

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

東京チカラめし 大阪日本橋店 34.662879, 135.506178 東京チカラめし 大阪日本橋店 http://nippon-bashi.com/archives/20121118223036.html

店舗紹介

大阪(関西)初の東京チカラめし店舗として、ここでんでんタウン近くにオープンしました。大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目の交差点という大変目立つ位置にあります。

2012年10月24日にオープンし、その後も休日のお昼時は常に10人以上の列ができていました。列は高島屋別館前まで伸びていることもあり、新規客、リピーター含めて大盛況のようです。でんでんタウンから近いこともあり、そちらに行かれる客層が足を伸ばして訪れています。また、やはり物珍しさからかわざわざ難波や日本橋の方から来たと思われる方もいらっしゃいました。
※最近では大分おちついてきました。

営業時間は通常は24時間なのですが、現在は深夜3:00から早朝6:00(27:00~6:00)を清掃時間に当てています。また、当面はテイクアウト(お持ち帰り)は行わないようです。まあ、確かにこの盛況っぷりでは手が回らないですね。

 

 食券購入方式だが券売機が外

お店の利用方法ですが、まずは店前にあるタッチパネル式の券売機で食券を購入します。

それほど難しい作りにはなっていませんが、幾つか画面のステップを踏んでいくため、初見だと使い方に戸惑うかもしれません。順番に選択していき購入を済ますと食券が出てきます。なお、領収証発行ボタンがありますので必要な方はご利用下さい。

 

 中に入った後は普通のお店と一緒

店に入ると、席を店員さんに案内されますので、指定された場所に座り食券を渡します。席は厨房をグルっと囲むようなカウンター席と、テーブル席が幾つかあります。お水はテーブルに置かれた水入れからセルフで入れますが、中にはレモンが入っていました。

 

場所と特徴

かつて吉野屋が入っていたビルにあります。ただし、旧吉野家のように2階建てではなくお店のフロアは1Fのみです。近場には自転車は留め難いので歩いてきた方が無難です。

入り口付近に券売機が2つおいてあり、こちらで購入します。

店内の様子。仕切りとなるものがなく、店員さんの動きが良く見えます。

開店して間もないためかお客さんが多くてんてこ舞いで、店員さんの動きや配置がかなり乱れていました(まだ段取りのノウハウが貯めれていないせいでしょうか)。コロニーレーザーでも撃てば2、3人沈められてしまいそうです。

こちらがメインの焼き牛丼です。味噌汁はオプションではなく、もれなくついてきました(持ち帰りだと付きません)。

焼き牛丼ですが、牛肉を煮込むのではなく、焼いているのがポイントらしいです。牛肉は枚数はまあまあ多めなのですがあまり厚みがない分少なく感じるかも知れません。肝心のお味の方ですが、濃い目でソースの味が舌に残る感じ、はっきりした味なので好きな人は多そうです。調理法の違いでしょうか、吉野家の牛丼などとは全然違った味がしますね。総評ですが、290円という低価格を考慮すると十分妥当か、というところです。

ちなみに定食セットなども色々ありますが、いずれも500円前後と大変リーズナブルなお値段でした。

今後の展開ですが、恐らくはここを拠点に得意のドミナント戦略でお店を広げていくものと思われます。現在は物珍しさと広告活動で売れていますが、後々は物量戦で他の類似チェーン店と戦っていくのではないかぁと感じます。ちなみに、2chネラーの一部では東京ステマ飯とか言われてますが、大阪の人は名より実を取る人が多いと思うので、その味が本物であれば成功するはずです。


関連記事

  1. 私もお気に入りのお店です、

    関西でも店舗が増えているようですが、大阪北部にはないのが残念。

      • TAROU(管理人)
      • 2013年 7月 18日

      >KENさん
      コメントありがとうございます!
      囲い込み戦略のお店なので、まずはミナミからじっくり店舗を広げていくんでしょうね。
      北部にも早く出店して欲しいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る